トップページへ
▼青井阿蘇神社について
-神-御祭神 鎮座の由来
-匠-職人の技 建造物
-祭-神々を祀る 三大祭
-儀-人生の節目に祈る
-蔵-画像で見る今昔風景
▼随時更新
言霊指南(ブログ)
日々雑観(ブログ)
▼境内を探索
神社へ行こう!
青井阿蘇神社
境内見取図アクセスリンク
<祭>神々を祀る 三大祭
トップページ > おくんち祭

【九月九日は青井阿蘇神社の誕生日】

 古来より誠にめでたいとされてきた陽の最高の数が重なる重陽の日に神様が御鎮座された縁日をお祝いする、ゆうなれば神社の誕生日のお祭で、明治の暦の改正で現在は10月9日の神幸式を中心に3日から11日までの日程で行われています。
 大祭期間中に火災の禍がないように祈願する3日の鎮火祭や、国選択の民俗無形文化財である8日の球磨神楽の奉納はこの地域独特のもので、長い歴史の中に育まれてきた伝統文化やしきたりが大切に今に息づいています。


【「チリン、チリン」神幸の列はチリン旗の音色から】

 神幸式はチリン、チリンと澄んだ音色をさせるチリン旗を先頭に、獅子、御神宝、神輿などの行列が市内を練り歩くにぎやかな祭りですが、昔は祭りの日に一般民衆の境内立ち入りが許されず蓮池の周りだけを巡幸する静かな神事だったといいます。
今のようなスタイルになったのは大正から昭和にかけてで、市街地の繁栄を重要視した人吉の人々の要望が背景にありました。神社総代や、お世話役たちの目論見通り、行列の道中は動きもとれないほどの参拝者が押し寄せ、お旅所ではサーカス、見せ物小屋が立ち並びたいへんな賑わいであったといわれています。


【古来と変らず今も受け継がれているもの】

 おくんちに供される「赤飯、煮しめ、つぼん汁(しゅる)」という家庭で作られる定番の料理と、無病息災を願い、子供の頭を獅子に噛んでもらうという風習は古来と変わらず今も受け継がれています。
 このように何時の世でも変わらないもの、変えてはならないものがある一方で、時代とともに変遷を繰り返してきたおくんち祭りも平成18年には1200回を迎えます。


おくんち祭の神事と行事
 

▲このページのトップへ
青井阿蘇神社 住所・お問い合わせ